2014年04月08日

クレジットの現金化評判



皆さんはふだんのお買いもので、スーパーやデパートでは現金の代わりにクレジットカードをお使いになることも多いかと思います。
現金での買い物はいちいち財布をバッグやポケットから取り出して、お札と小銭を出し入れするのは今の時代には流行りません。
買物や食事に便利なのがクレジットカードです。
このように何かを購入する際にはお金を支払いますが、現金化の方法はこれと良く似ています。


しかし普通クレジットカードにはキャッシング枠のほかにショッピング枠が設定されています。
そこでこのショッピング枠を利用して現金を手にできるのが現金化ですが、この方法だと実際に買い物をするのですから決して違法ではありませんし、現金化の申し込みをすれば、それほどの時間がかからずに現金が口座に振り込まれます。


あくまでも現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法なのです。
このショッピング枠がどれだけ残っているかを事前に確認する方法はとても簡単なので、カード会社のホームページやフリーダイヤルなどで確認してから現金化を利用するのが最も確実です。


身分証明書の提示ですが、これはカードの持ち主と申込者を一致させた後履歴をしっかりと残すために必要なもので、免許証、パスポート、健康保険証のどれかがあれば事足りる為、特に顔写真付きのカードでなくとも問題ありません。
これが消費者金融の無人審査機などとの大きな違いです。
ご存知の通り、無人審査機では顔写真を申し込み時に提示して本人確認を行うプロセスがとても大切になります。
その場では機械審査を行っていても、実情は人が申込者を本審査しているのが貸金業者の審査の本質です。


現金がすぐに欲しいという時、融資のスピード感に対する要望にはかなり切実なものがあります。
即日融資を謳う消費者金融は、審査に1分程度の時間しか必要としないという点を打ち出す事がありますが、これは機械審査にかかる時間です。
本審査は収入証明や詳細な身分証明書が必要とされる場合が多く、スピード融資も30分程度が最短で、審査に手間取れば最悪その日のうちに借り入れる事が難しいと考えておいた方が確実です。


物事を利用する時、なぜその物事を利用するか考えてみると、その物事が自分にとって大きなメリットがあるからこそ、人は物事を利用するものです。
例えどんな有益な物事であれ自分にメリットがなければ、多くの人はその物事を敬遠しがちになります。
ショッピング枠現金化にもいくつかメリットといえる部分があり、この部分をメリットと感じるかどうかは人それぞれです。
まずはメリットを把握し、自分にとって有益なメリットであるかを確認した上で利用を検討して見てください。
ここではショッピング枠現金化にまつわるメリットを紹介します。


また未成年の現金化は不可とされていますが、これもそもそもクレジットカードの作成は20才以上と決められているので、当然の条件と言えますね。


そして最大の特徴である返済のしやすさですが、これはクレジットカードが自分名義のものであるという事から推測いただけると思います。
ショッピング枠はクレジットカードのキャッシング枠と違い、利息がかなり低く設定されており、なおかつ返済のしやすさはクレジットカードを買い物に使ったことがある人なら実感している事と思います。
難しく考える必要は全くないカード現金化で、今日もかなりの人が胸をなでおろしています。


昔ながらの現金化業者といえば、古物商取扱店(中古買取店)です。
一般のお客さんに中古販売する傍ら、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えたいという方のために、商品の買取も行っています。
そのため、実際に中古販売店として出店していることが多く、ショッピング枠現金化を申し込むと、商品を店舗まで持ってきてくれと言われることもあります。
しかし、家の近くに店舗がないとすぐに換金することができませんし、郵送により商品の買取を行える場合も、送料などで余計な出費がかかります。
それに対して、最近は商品の転売ではなく、キャッシュバック付きの商品を購入することで現金化できる店舗があります。
キャッシュバックがメインですので、商品自体に価値のないことが多く、中には「情報」を商品としてメールでやり取りするだけのものもあります。
そのような業者は、古物商取扱店のように商品を並べる店舗が必要なく、価値が下がらないよう在庫管理にお金をかける必要もありません。
そのため、キャッシュバック付き商品を販売しているインターネット通販会社は、一般の古物商買取店よりも高い還元率を実現することが可能です。
実際、古物商買取店でブランド品などを換金した場合、どのような高い商品でも還元率は80%程度ですが、通販会社では80%~90%、購入金額によっては95%以上還元できることもあります(ただし、チケット類の転売であれば専用の買取店に持ち込むと95%以上換金できることもあります。
しかし、クレジットカードで大量購入すると規約違反として罰則を受ける可能性があります)。
また、インターネット通販であれば、直接店舗に商品を持ち込む必要がなく、全国どこからでも利用できるというメリットがあります。
都市部に住んでいれば駅前などに現金化業者を見つけることができますが、地方に住んでいるとなかなか条件に合った現金化業者を見つけられず、周囲に競合店がないことをいいことに、商品の換金率も低くなる可能性があります。
このように、店舗のない現金化業者にも多くのメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。
それは、実際に相手の顔を見て取引することができないため、業者の実態が分かりづらく、信頼性が低いということです。
そのため通販会社を利用する時は、還元率だけで業者を決めようとせず、過去の実績や評判、サポート体制の厚さなどを確認しながら、信頼できる業者かどうか判断することも大切です。


うまい話には裏があるという言葉もありますが、都合の良い部分のみを鵜呑みにし、悪い部分を把握しないことで、時に大きな損害をもたらすことも決して少なくはありません。
メリットと同じくデメリットも確実に把握し、ショッピング枠現金化の検討を行いましょう。


posted by いっせい at 13:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。