2014年04月09日

クレジット枠現金化メリット



クレジットカード現金化のサービスは利用者の知識と情報量が、非常に大事なサービスでもあります。
これはその業者選定が安心に利用する為にも、非常に重要な要素だからです。
従って利用に際しては、まず基礎的な知識を身に付けておく必要があります。
これに対し、現金化サービスの基礎知識を紹介します。
まず、このサービスは商品購入をクレジットカードで行い、購入の特典としてキャッシュバックを行う、その商品を業者が買い取るなどして、利用者に現金を支払うサービスです。
従って商品の取り扱い方法は色々な方法があるとは言え、まずはクレジットカードのショッピング枠が用意したい現金を超えている事が大事です。


なおキャッシュバックの方法では業者から届いた商品を送り返す必要はなく、その商品を保管しても使用しても構いません。
ほとんどの場合は携帯ストラップなどの雑貨か、情報商品と呼ばれるデータ形式の商品です。
これらの商品にはキャッシュバック特典がついているため、還元率の応じて現金が振り込まれます。
あくまでも建前ですが、こうした仕組が確立したことにより、現在の現金化のシステムが出来上がりました。


ただし実際の現金化の方法は上記の基本どおりではありません。
まずその品物を購入するだけのお金が、クレジットカードのショッピング枠にあることが必要で、そのための確認作業があります。
またそのクレジットカードが本人のものであるかどうかも確認が必要です。
しかしこれらの確認作業は消費者金融の審査とは異なり、あくまでも審査はありません。
次に実際に買う品物をこちらから指定することもできません。
現金化業者が指定する商品を購入しなければなりませんから、この点は勘違いをしないようにしましょう。


例えば5万円の現金化で還元率が80%では現金化業者の手数料(利益)は1万円で、現実の現金は4万円ですが、これが倍の10万円の現金化であれば、還元率がたとえ85%でも、現金化業者には1万5,000円の収入があり、現金も8万5,000円になります。
このようにショッピング枠現金化の仕組みは、その現金化での買い物の価格が高ければ高いほど、現金化をする側も現金化業者も有利になるのが現金化の仕組みです。


金融機関はローンなどを組む時に、この金融行動を信用調査会社に確認し、融資が回収できるパーソナリティかを見極めます。
これが与信調査です。
特にブラックリストというものがあるというよりは、おかしな金融行動をとるとこの記録に残る為、すぐにわかってしまうという事です。
カード現金化はその行動だけで言えば、キャッシュバック機能の付いた商品を通信販売業者から購入したという形をとるか、もしくは単にネットショッピングのような業者との売買記録としてしか残らない為、カード現金化業者の利用が問題行動として見とがめられる事はまずありません。
しかし、もし返済を忘れてしまい現金化した安心感から、そのまま期日を過ぎてもお金をカード会社に対して支払わないという事が続くと、当然問題ある金融行動として見とがめられます。
これが何度も続くと、与信情報に傷がついて審査を通りにくくなる体質となってしまいます。


カードでお金!カードで現金化!当サイトでは口コミを元に各社のサービスを比較し、ランキングを掲載しています。
「カードで現金化」とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して特定の商品を買い、その購入金額の70%~90%を指定の口座にキャッシュバックを受けることです。


しかしインターネットの普及により、キャッシュバック方式という新しい仕組みが考案されました。
キャッシュバック方式という名前の由来は、「キャッシュバック特典付の商品を販売する」という形がとられているところにあります。
ネット上にオンラインショッピングができる販売ページを作り、そこで購入した商品に対する特典として、提示した還元率に応じた現金キャッシュバック、つまり現金が振り込まれるというわけです。


どちらもキャンペーンですが、現金化をする人には1%でも還元率が高くなることは有利なことには間違いありません。
しかしそうだからと言って不要不急な現金化は避けて、利用しすぎに注意する姿勢も必要です。


クレジットカードも含めて銀行での融資や貸金業者での借り入れには、与信調査が必須だと知っている方は多いと思います。
カード会社等が共同で参照できるデータベースがあり、借入を遅滞していないか、家賃の払い込みなどが遅れていないか、その他金融行為における信用を低下させる行動をとっていないかを事細かに調べるのが与信調査です。
これをもとに銀行などは貸付けが可能かどうかを審査して融資という形になります。
なかなか厳しいプロセスが一般的な貸し付けにはあるという事が理解できると思います。


また、現金化はクレジットカード自体の転売では無い為、この辺りをおかしな謳い文句にする業者も疑ってかかると、なお安心できます。
言うまでもなくクレジットカードの転売は違反であり、そのような方法でカードを他人に預けてしまうとまず確実に悪用されます。
最初の段階で固有情報の持ち出しと、カード自体の預りを執拗に要求するような業者は、悪徳業者の可能性があります。
現在では存在しにくくなっているとはいえ、その点は自衛していけば確実です。


posted by いっせい at 10:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。