2014年04月15日

カード枠現金化実態



クレジットカード現金化のサービスは利用者の知識と情報量が、非常に大事なサービスでもあります。
これはその業者選定が安心に利用する為にも、非常に重要な要素だからです。
従って利用に際しては、まず基礎的な知識を身に付けておく必要があります。
これに対し、現金化サービスの基礎知識を紹介します。
まず、このサービスは商品購入をクレジットカードで行い、購入の特典としてキャッシュバックを行う、その商品を業者が買い取るなどして、利用者に現金を支払うサービスです。
従って商品の取り扱い方法は色々な方法があるとは言え、まずはクレジットカードのショッピング枠が用意したい現金を超えている事が大事です。


口コミサイトはいくつかありますから、それらを見てその詳細を確認すれば、どのような現金化業者が自分の希望に合っているかがすぐに分かるので大変便利です。


現金化をする側としては、すぐに現金が必要でそれも希望に近い金額が必要なことは言うまでもないことですが、その要望に応えてくれる現金化会社・業者を見つけなければなりません。
このような場合に便利でかつ確かなのがインターネットでの、現金化ランキングのサイトです。


カード現金化に必要なものとして、これは必ずというのは勿論ショッピング枠の残高が残っているクレジットカードです。
そして、ネットでの申し込みでも本人確認は必要な為、電話機がいります。
携帯電話、回線電話は問われません。
まれに身分証明書が不必要な業者もあるのですが、大抵は身分証明書の確認を行ってから振込となる為、固有番号がある免許証のような身分証明書を手元に用意しましょう。
必要なのはこの程度で、前年の収入証明や会社の在籍証明は不要です。
この点がカード現金化人気の理由です。
クレジットカードを持っていれば既に審査に通っているのと変わりがない為、特に利用者をアイデンティファイする必要が無いというのが現金化業者のスタンスです。
このため、様々な立場の利用者の方がスムーズにお金をショッピング枠から引き出す事が出来、カード現金化の需要もどんどん伸びています。


その点、商品を転売したり自社買い取りをしてくれるカード現金化業者は、どのような商品が元金割れを起こさず転売できるかのノウハウを沢山持っている為、高い還元率でショッピング枠の買い物を代行してくれます。
この枠で購入した商品を転売しキャッシュバックした金額が、そのままお財布に入るという訳です。


さらに現金化では必要な金額以上は現金化をしないようにすることが大切で、それは借金をするのではありませんが、品物を買うのですから、結果的にはそのお金は月々の返済でクリアすることになるからです。
そしてどうしてもそのお金が必要だと言う結論に達してから、インターネットのサイトで現金化に関する口コミを沢山見て、評判が良い現金化業者を選ぶようにしましょう。


なおしばしば見かける、還元率○○%~○○%では、実際の還元率は低いほうが適用されると思いましょう。
このような数字はあくまでも集客のための広告であり、しかもその低いほうを適用しても間違いではありませんから、違法広告にはならないのです。


消費者金融からお金を借りられなくて困っている、家族に借金していることを知られたくない、そのような方におすすめなのが、ショッピング枠現金化です。
ショッピング枠現金化とは、クレジットカードで現金化業者の商品を購入し、商品代金に比例する現金をキャッシュバックしてもらうシステムです。
通常のネットショッピング同様、クレジット決算した後は、お客さんが指定する銀行口座へと迅速に入金されます。
携帯やパソコン、電話があればどこからでも簡単に申し込むことが可能であり、銀行の営業時間の範囲内であれば即日入金も可能です。
現金化業者によっては、キャッシュバックの権利とともに購入した商品が郵送で送られてくることがあります。
商品は本など些細な物であることが多いので、不必要であれば処分しても構いません。
ただし、キャッシュバックではなく商品を転売する形のショッピング枠現金化であれば、商品こそが大切な資源となるので、扱いには十分注意が必要です。
どういうことかというと、買取方式を採用している現金化業者の場合、消費者が所有している商品を買い取るという形で、現金を支給しますので、一度郵送されてきた商品を業者へと郵送するか、直接店舗に持ち込む必要があります。
どうしてそのような面倒なことをするのかというと、現金化業者の正体が一般の古物取扱店であり、中古ショップだからです。
中古ショップに商品を売ると換金できますが、そのシステムの延長線上にあるのが、買取方式のショッピング枠現金化です。
ですので、商品を購入する時は通常、古物取扱店とは関係のない販売店で購入・決済します。
そのため、もしも買取をキャンセルして商品を返品したいという時は、販売店の定める規約に従って手続きします。
購入から8日以内であれば返品できるというクーリングオフ制度がありますが、インターネットで購入する場合はキャンセルできないことも多いので、必ず販売店の利用規約を確認してからクレジット決済してください。
また、キャッシュバック方式の場合も基本的に返品することは不可能ですので、不明瞭な点があれば決算前に必ず確認しておきましょう。
すべて自宅で手続きしたいという場合、買取方式ではインターネットと郵送によるやり取りとなるため、現金が口座に入金されるまでに数日間かかります。
そのため、緊急事態ですぐにお金が必要というシーンであれば、キャッシュバック方式の方が適しています。


カード現金化は最近になって急に注目されるようになりました。
理由はインターネットでのショッピングや短期間の融資広告が盛んになったからで、バナーでも現金化を謳うものを目にしたことがあるという方も多いと思います。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという発想自体は意外と古く、10年ほど前に店舗にて行われていた方法が最初です。
その頃はインターネットで融資を受けると言えば消費者金融の審査程度でした。
丁度消費者金融を含む貸金業での取りたての厳しさが問題になっていた時期で、消費者金融が利用できない方は多くがやむを得ずヤミ金融で借り入れを行い、そのまま多重債務化してしまうケースも沢山ありました。


現金化業者は現在、怪しいと商売自体が成り立たなくなってきているというのが現状です。
クレジットカードの業者が融資元として解りやすいのに比べて、カード現金化ではどうしても現金化業者の役割が不明瞭になりがちです。
また、組合の情報などをもとにクレジットカードの利用方法を啓蒙するカード会社に対して、現金化業者は触法していない行為をあまり主張してこなかったという背景がありますが、ネットでの申し込みが主流な現在、あからさまな詐欺行為を働ける業者がまずないと言ってよいでしょう。
また、カード現金化業者はヤミ金融などの、初めから触法行為である事が前提で存在している業者とは全く違います。
景品業法に規制される事の多いクレジットカードの利用ですが、現金化業者は全くこの法に触れず、単にクレジットカードのショッピング枠を使って購入を代行し、転売した商品代金を利用者にキャッシュバックするというだけの存在です。
ノウハウを蓄積すれば転売はスムーズに行われ、還元される額も大きいとなると大変良心的な存在と言えます。


posted by いっせい at 00:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。