2014年04月23日

即日現金化ランキング2013



今ある程度まとまったお金が必要だが、あいにくクレジットカードのキャッシング限度枠が一杯で、しかも総量規制があるために、新たに消費者金融に申し込みができない。
あるいは消費者金融に申し込むことはできるが、審査に手間取るので現金を手にするまでに時間がかかり過ぎる、このような時に便利で確実なのがクレジットカードの現金化ですが、ここで現金化の仕組みについて、特に初めての方にご説明しましょう。
現金化で最も一般的なのは、キャッシュバック方式と呼ばれる方法です。


クレジットの審査に通ってカードを手にした人は、クレジットカード現金化の為の条件を既に手に入れています。
この先特に現金化に対する審査はなく、上限が300万円程度のショッピング枠を現金に換えてスムーズに借入する事が出来ます。
このスムーズさが、信用情報を基にした審査が必ず必要なローンや消費者金融での借入と大きく異なる部分です。
消費者金融を利用しようと考えた人は経験をお持ちだと思いますが、カードの審査には機械審査と本審査というプロセスがあります。
よく無人で借り入れをする事が出来ると謳っているのは機械審査の事をいい、インターネットの申し込みにしても審査機の申し込みにしても、最終的には消費者金融で個人の信用情報を精査して借りられる額を調べているという事になります。
また、借入の額によっては所属している会社に、在籍確認の電話が入ります。
これに加えて前年の収入証明などが必要な場合があります。
これは消費者金融を含む貸金業者が、基本的には貸付けに増して回収に重きを置いているから仕方のない事です。
貸した以上は高い利子をプラスして返して欲しいというのが貸金業者の本音であり、これは幾らCMなどの表層的な部分が華やかになっても変わりません。


まず買い取り方式の概要について解説します。
基本的な仕組みはクレジットカードで換金性の高い商品を購入し、それを換金することで現金化を成立するというものです。
換金性の高い商品には色々ありますが、金券類(商品券や新幹線切符、図書カードなど)やブランド品・デジタル家電などです。
これらの商品はいずれもクレジットカードで購入することができるので、クレジットカード決済で購入した後、その商品をどこかの買い取り屋に持っていけば即現金になります。
現在のようにクレジットカード現金化というサービスが確立する前から、個人的にこうした方法で現金化をしていた人はいました。
しかし何事にもやりすぎる人というのはいるもので、これをやりすぎた結果カード会社から目を付けられてしまい、一部の商品についてはクレジットカードで購入できない、または購入できる数に制限がかけられたりしています。


ショッピング枠の上限金額は300万円からという事で、もしこれを一度に使うとカード会社の方で何かを察知するのではないか、という懸念は当然生まれますが、カード会社では基本的に他人の買い物とその後のやり取りには明らかに違法性が無い限り関与出来ないため、明細などもごくあっさりと到着し、後は借り入れたお金を返済していくという流れになります。
その時、初めて返済方法に思い至ってあたふたするという事が無いよう、普段からクレジットのショッピング枠返済方法に注意を払っておくと良いでしょう。
借入は結局のところ返済が根幹にあるというのは、様々な金融業者を利用する時にかなり大切な部分となります。
利子が貸金業者程ではないにせよ、計画的な利用が身を助けます。


便利なクレジットカードですが、ショッピング枠を活用できている人は意外と少ないものです。
その点現金化によって様々なスパンで安心できる人が増える程、返済計画の重要さについての啓蒙が必要となります。
親切な現金化業者はその点も良く理解しています。


お金は使うためにあると考えればそれまでですが、それにしても例えばクレジットカードのキャッシング枠が限度の状態で、その上にショッピング枠までもが限度枠一杯になってしまうと、その状態ではどのようにしてもお金を調達する手立てがなくなってしまいますから、少なくともクレジットカードのショッピング枠ぐらいは限度枠に余裕を持たせる必要があると言えるでしょう。
また必要に応じて、その場での現金化を最小限にしておけば、次にどうしてもお金が必要になった時に、気持ちの持ち方が変わってくるでしょう。


しかし必要な金額を手に入れるためには、利用する業者の還元率から逆算して金額を決定しなければなりません。


ショッピング枠現金化を行う時にもっとも気になるのが、最終的にいくら手元に残るのかということです。
商品代金から、カード手数料、業者手数料、消費税、送料や振込み手数料などを引くと、最終的な還元率は大体80~90%くらいになるといわれています。
しかし、高い商品を購入するほど業者手数料のパーセンテージが低下します。
他社借入を一般化したい場合、事業資金などで大きな金額が必要となる場合などは、一度にまとめて利用することをおすすめします。
しかし、ショッピング枠現金化の最高還元率は業者によって異なります。
大きな金額を利用する場合、1%の違いでも大きくなるため、業者の比較検討は必ず行うようにしましょう。
その一方で、高すぎる還元率にも注意が必要です。
たとえば、最高還元率99%、98%などという数値は、どのような業者でもありえません。
なぜなら、ショッピングの際にクレジット決算するためには、各カード会社の加盟店になる必要があり、決算の度に手数料を支払う必要があるからです。
カード手数料(加盟店手数料)は通常、利用金額の約5%前後となっており、安くて3%ですので、最高還元率が97%以上となると、物理的に業者に支払われる手数料が0となってしまいます。
中にはJCBやVISAなど、1%台の手数料しかかからないカード会社もありますが、それらの会社はショッピング枠現金化に対する取り締まりが厳しく、加盟店になる段階で精査されてしまいます。
とくに新しい業者ほど審査が厳しく、ショッピング枠現金化に新規参入する業者が少ない原因にもなっています。
反対に、比較的審査の緩いカード会社ほど手数料が高いため、信用性の低い業者、新規の業者、個人業者などはどこもカード手数料だけで5%前後かかります。
そのため、お金がなくて公式サイトをきちんと作ることもできず、JCBなどを使用することのできない業者が、還元率99%などと宣伝していれば、明らかに怪しいわけです。
このような業者に申込むと、案の定公式サイトとは全然違う還元率を提示されたり、お金を騙し取られたりすることがあるため、怪しいと思ったサイトには近づかないことが大切です(消費者センターに連絡してもOKです)。
また、クレジット決算する以上、商品販売として消費税がかかりますので、消費税とカード手数料を合わせると、業者に支払われない手数料だけで10%かかります。
そこに業者手数料と諸々の費用が入りますので、10万円くらいの取引ですと、還元率が80%程度になるのも頷けますね。


ではその商品は一体誰のものかということになりますが、これは商品購入の時点では瞬間的には現金化をした人のものですが、現金が振り込まれたあとは現金化業者のものになります。
つまり現金化業者はその商品を買い取り、その買い取った分のお金を戻しているのです。
ですから現金化の後で届けられる商品は、原則として現金化業者側にそのまま送り返すことになります。
ところが実際にはどうにもならない商品が届くことがあります。
これは現金化の合法性を守るために、購入をしたから商品を届けるという形式を取っているからです。


現金化業者は現在、怪しいと商売自体が成り立たなくなってきているというのが現状です。
クレジットカードの業者が融資元として解りやすいのに比べて、カード現金化ではどうしても現金化業者の役割が不明瞭になりがちです。
また、組合の情報などをもとにクレジットカードの利用方法を啓蒙するカード会社に対して、現金化業者は触法していない行為をあまり主張してこなかったという背景がありますが、ネットでの申し込みが主流な現在、あからさまな詐欺行為を働ける業者がまずないと言ってよいでしょう。
また、カード現金化業者はヤミ金融などの、初めから触法行為である事が前提で存在している業者とは全く違います。
景品業法に規制される事の多いクレジットカードの利用ですが、現金化業者は全くこの法に触れず、単にクレジットカードのショッピング枠を使って購入を代行し、転売した商品代金を利用者にキャッシュバックするというだけの存在です。
ノウハウを蓄積すれば転売はスムーズに行われ、還元される額も大きいとなると大変良心的な存在と言えます。


posted by いっせい at 03:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。