2014年05月06日

現金化商法比較サイト



クレジットカード現金化の方法自体は古くからあり、10年ほど前には転売を行う現金化業者が、クレジットの情報を使って商品購入してその後商品を持ち逃げし、カードホルダーには返済義務のみが残るというタイプの詐欺がありました。
しかし、現金化という手法がインターネットでこれだけ盛んになった今、そのような方法は淘汰されるほかなく、今後現金化業者を利用する人はかつてそれを利用していた人より有利な条件で使う事が出来ます。
痛い目に遭う確率が下がっているという意味では、昔から現金化業者を使っていた人より心理的な余裕が確保しやすく、その結果取引自体もスムーズに出来る可能性が高いです。
また、長く現金化を行ってきた業者の方もベテランの取引を行う金融サービス会社である事には変わりありません。
どのような金融商品にもいえる事ですが、一定以上顧客が増えればサービスの質を向上させる必要があり、そのことによって新規顧客が確保できれば企業にとっても使い手にとっても大きな利点が生まれます。
クレジット会社はお金が動いてその額から利息が取れれば法的にはそれ以上関与する事も難しい為、今後クレジットカード現金化という方法自体は、利用者の声を反映してよりクリアな取引方法となる可能性も秘めています。
現況しておくべきなのは、還元率のいい業者を確認する事、その還元率がどのような現金化の仕組みによって成り立っているかある程度は調べる事、そしてカード業者への返済方法を自分なりに把握して、返済だけは滞りないようスムーズに行う事、以上です。
これを押さえてストレスのない取引を行い、現金化のベテランを目指しましょう。
どんな金策にもいえる事ですが、最終的に返す先と自分の関係性が理解できていれば、その事により様々な事がクリアになります。
現金化は特にそのことが顕著です。


この還元率については、スピードを重視するとどうしても低くなってしまいます。
それだけ業者も現金の調達にコストを掛けているので仕方ありません。
一方で還元率を高くすることを重視するのであれば、振込みまでに時間が掛かります。
これについても、高い還元率(低コスト)を実現するためには時間を掛けなければならないからです。


ただし実際の現金化の方法は上記の基本どおりではありません。
まずその品物を購入するだけのお金が、クレジットカードのショッピング枠にあることが必要で、そのための確認作業があります。
またそのクレジットカードが本人のものであるかどうかも確認が必要です。
しかしこれらの確認作業は消費者金融の審査とは異なり、あくまでも審査はありません。
次に実際に買う品物をこちらから指定することもできません。
現金化業者が指定する商品を購入しなければなりませんから、この点は勘違いをしないようにしましょう。


クレジットカードのショッピング枠現金化では本来は購入した品物が届いてから現金が振り込まれるという手順ですが、これでは急ぎの場合に間に合わないと言う現実があり、現金化のスピードが速くなっており、特に最近主流になったオンライン決済キャッシュバック方式では、即日それも最短で5分・10分という速さになっています。


クレジットカード現金化の仕組みはよく知られてきました。
しかし、いまだにカードの転売を現金化と考えている方もおり、インターネットを使わない年配の方にありがちな誤認識です。
まず悪徳業者と正常な現金化業者を見分けるひとつの方法として、カードそのものの転売を持ちかける業者とは絶対に関わってはいけないという点があります。
なぜなら、一度でもカードホルダーの手元を離れると、クレジットカードは悪用される可能性がとても高く、様々な詐欺行為に使われるリスクを秘めていますが、クレジットカード現金化にかこつけて転売する業者に対し自分のカードを了解済みで渡してしまうと、ホルダーの承認がある為責任の所在を追及して保険を適用する事が難しくなるのです。
転売とカード預りを謳う業者は確実に後ろ暗い業者の為、そのような謳い文句にはしっかりと気を付ける事にした方が良いでしょう。
クレジットカード現金化は、実際カードのショッピング枠を利用して買い物をし、その商品を現金化業者に転売して貰うというプロセスとなります。
カードを他人に渡す必要は全くなく、入力も現在では自分で出来るようになっている場合が殆どです。
以前はカードのフォーム入力を業者に代行させる為に業者に伝えなければいけないケースが多かったのですが、最近はその点優良業者程カードをホルダー自身が確認した方が良いという点を認識している為、自分で手続を出来る場合が多いです。
そして、クレジットカード業者と現金化業者は全く関係が無い為、その点を理解した上で現金化を行いましょう。
とはいえ、商品購入の明細はカード利用の明細に対して通常の通信販売業者利用の際と同じように表示される為、それ程深くカード会社の事を考える必要はありません。
連携したサービスでない事、クレジット会社としてはショッピング枠の通常利用を商品購入として約款を作成している事が多いという点を念頭に置き、くれぐれも信頼のおける業者を継続利用する事にしましょう。
それがクレジットカード現金化の利便性を最大に生かし、なおかつ自分の身を守る現金化の正しい利用法です。
その点を認識しておけばまず、それ程深い追及をカード会社からされるという事も無い為、現金化は継続的に利用する方の財政の助けになってくれる事と思います。
便利であるからこそ、仕組みをよく見極めて現金化業者同士の相互連関やカード会社の動向も探っていくと、現金化の利用がよりスムーズになります。


話が広がりましたが先に述べたように現金化では品物を購入するのが建前ですが、品物を買えば必ず出費があります。
出費のお金が自前であれば何と言うことはありませんが、現金化での買い物の出費は自前ではないことを考えましょう。
ショッピング枠現金化での出費は一時的にお金を都合したものですから、そのお金はいずれば返済しなければなりません。
すなわちクレジットカードのショッピング枠現金化の後には、返済と言う義務が残っていることを忘れないようにしなければなりません。


このキャッシュバック方式だと、介在する商品を送り返したりする必要がないので、時間的なロスが大幅に少なくなります。
そして商品をやり取りする必要がないので、送料のロスや商品を換金するためのロスもなくなるので、結果として利用者に還元できる金額が大きくなります。


ショッピング枠現金化を行うためには、クレジットカードが必要です。
現金化業者の中には、クレジットカードを持っていない人のために取得方法を一から教えてくれるところもありますが、カードを新しく作るためには、審査などもあるので大体1ヶ月程度かかります。
そのため、すぐにお金が必要という場合には、家族名義のクレジットカードを使用する方もいるかもしれません。
しかし、ショッピング枠現金化で利用できるクレジットカードは、原則的に自分名義のカードのみであり、振込口座とカードの名義が同一である必要があります。
他人のクレジットカードを利用して自分の振込口座に入金できるようになってしまうと、犯罪目的に利用される可能性があるためです。
そのため、初回申込み時には身分証明書の提示と電話による本人確認が行われます。
ただし、サービス業者によっては、家族の了承がある場合に限り、家族名義のクレジットカードも使用可能というケースがあります。
注意したいのが、家族名義のクレジットカードを使用する場合、カード会社からの返済請求も家族に行くということです。
そのため、自分口座ではなく家族名義の口座にきちんと入金しておかないと引き落とされず、家族のクレジットカードが利用停止になる恐れがあります。
請求書も家族宛てに届くので、家族に内緒でキャッシングすることはできません。
法人名義のクレジットカードを使用する時も同様です。
ショッピング枠現金化は、個人向けのサービスであると思われている方もいるかもしれませんが、基本的にクレジットカードの種類や、資金の使用目的が問われないため、個人だけでなく法人でも利用可能なサービスです。
むしろ、生活費の補填などのために利用する個人よりも、事業資金繰りや商品買い付けのために先に利用している法人の方が、ショッピング枠現金化の利用率が高いです。
消費者金融などでは事業資金目的の融資が禁止されているため、どうしても一度に借入できる金額に限度があります。
それに対して、ショッピング枠現金化ではショッピング枠の限度額までキャッシング可能です。
法人名義のクレジットカードは、個人名義のカードよりもショッピング枠が大きく設定されているため、事業資金繰りにも役に立ちます。
サービス業者の中には、法人名義のクレジットカードを専門的に扱っている業者もあり、個人向けのサイトよりもセキュリティが行き届いていたり、迅速な入金が可能であったりと、良質なサービスが魅力的です。


クレジットカードも含めて銀行での融資や貸金業者での借り入れには、与信調査が必須だと知っている方は多いと思います。
カード会社等が共同で参照できるデータベースがあり、借入を遅滞していないか、家賃の払い込みなどが遅れていないか、その他金融行為における信用を低下させる行動をとっていないかを事細かに調べるのが与信調査です。
これをもとに銀行などは貸付けが可能かどうかを審査して融資という形になります。
なかなか厳しいプロセスが一般的な貸し付けにはあるという事が理解できると思います。


カード現金化業者のポータルサイトを見比べるとき、わかりやすいレイアウトで自分の業種の特徴を誠実に書いている業者は、まず間違いなく優良現金化業者です。
そういった業者は利用者の声をコンスタントに掲載していたり、店長によるブログの掲載があったりして読み応えがあります。
刹那的な詐欺の業者ではまずそういう事は出来ません。
現在はインターネットで評判がすぐに伝播する時代の為、優良なカード現金化業者ほどネットのポータルを自分の会社の顔として大切にしているようです。
女性専門の業者などは品のあるサイトを展開している事も多く、見た目にも安心できるので女性の利用者から継続的に信頼されています。
反面更新も少なく、いかにも泥臭い借りてきたレイアウトのみの業者は、永続的に顧客から信頼を得るという事はまず考えていません。
このような見極め方法はほかのネットショップを見るときと、カード現金化業者を見極める時でほぼ変わりがないと言えるでしょう。
女性なら女性専用を打ち出しているサイト、男性なら出来るだけ見やすく融資という事について安心できそうな情報がたくさん掲載されているサイトを選び、出来るだけコンスタントにその現金化業者を利用すると、メリットも多く安心して現金化について多くの情報を確認する事が出来ます。
特に、店長ブログの掲載のある現金化業者はお勧めできます。
具体的な営業責任者の名前があるサイトではその人を信用して現金化を受けるというスタンスがはっきりとし、現金化する側と業者の側で信頼関係が成立しやすいです。
今後もし現金化が今以上にポピュラーな現金調達方法になれば、このような信頼関係もより深まる可能性があります。


posted by いっせい at 18:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

カードでお金のランキング2013



クレジットカード現金化を一回行うと、結局はしっかりとカード会社に返済していく事だけを考えれば、特に危険のない利用法だという事が分かります。
クレジットカードの使用自体は様々な信用調査の元データとなっている為、もし借り入れた分返済が滞ると履歴に残ります。
しかし、クレジットカード現金化という手法でお金を手にしたという事自体は、信用調査を行う会社もクレジット会社も言及が出来ない部分の為、それ程恐れる事はありません。
借金をしているという意識、それを返済するのはカード会社なのだ…位に捉えておけば、それで大丈夫です。


クレジットの審査に通ってカードを手にした人は、クレジットカード現金化の為の条件を既に手に入れています。
この先特に現金化に対する審査はなく、上限が300万円程度のショッピング枠を現金に換えてスムーズに借入する事が出来ます。
このスムーズさが、信用情報を基にした審査が必ず必要なローンや消費者金融での借入と大きく異なる部分です。
消費者金融を利用しようと考えた人は経験をお持ちだと思いますが、カードの審査には機械審査と本審査というプロセスがあります。
よく無人で借り入れをする事が出来ると謳っているのは機械審査の事をいい、インターネットの申し込みにしても審査機の申し込みにしても、最終的には消費者金融で個人の信用情報を精査して借りられる額を調べているという事になります。
また、借入の額によっては所属している会社に、在籍確認の電話が入ります。
これに加えて前年の収入証明などが必要な場合があります。
これは消費者金融を含む貸金業者が、基本的には貸付けに増して回収に重きを置いているから仕方のない事です。
貸した以上は高い利子をプラスして返して欲しいというのが貸金業者の本音であり、これは幾らCMなどの表層的な部分が華やかになっても変わりません。


現在クレジットカード現金化の主流は、オンライン決済によるキャッシュバックという方式です。
クレジットカードを使って、オンラインショッピングをするのは珍しくありませんが、それと同じ方法でオンライン決済をして、その決済金額に見合った金額が業者から振り込まれるという形になっているので、これだと日本全国どこにいても全く関係がありません。
全国対応を宣伝しているクレジットカード現金化の業者は、ほぼ全てがこの方法によって全国対応を実現しています。


例えば5万円の現金化で還元率が80%では現金化業者の手数料(利益)は1万円で、現実の現金は4万円ですが、これが倍の10万円の現金化であれば、還元率がたとえ85%でも、現金化業者には1万5,000円の収入があり、現金も8万5,000円になります。
このようにショッピング枠現金化の仕組みは、その現金化での買い物の価格が高ければ高いほど、現金化をする側も現金化業者も有利になるのが現金化の仕組みです。


それに引き替え、カード現金化ではスピード現金入手をしっかりと実感する事が出来ます。
最短で5分という時間を謳っている業者のカード現金化を実際に利用してみると解る事ですが、驚くほどスムーズにお金を手に入れる事が出来ます。
これは10年に渡る長い歴史の中で、現金化業者が蓄積してきたノウハウの確かさにより、ショッピング枠で購入する商品が確実に転売可能か、業者の買い取りにメリットがあるものという点が大きく影響しています。
これまで、10年ほどの歴史がありその中で様々な変遷を遂げてきたのがカード現金化という方式です。
その中で、最初は店舗にて行われていた作業もネットで確認が簡単になり、今では5分あれば確実にお金を手にする事が出来るという事なのです。


この世の中で生活をしていれば、常にお金が必要になるのです。
また必要になるお金の性質も多種多様で、生きていくために必要なお金・趣味に使うお金・誰かを助けるためのお金・健康を維持するためのお金など、多岐にわたります。
その上でこの世の中には金融機関なるシステムができて、それで社会生活が成り立っていると言っても過言ではないでしょう。
とにかく先立つものという代名詞があるお金は生きていくためには不可欠で、人は霞を食べて生きていくことはできません。


しかしインターネットの普及により、キャッシュバック方式という新しい仕組みが考案されました。
キャッシュバック方式という名前の由来は、「キャッシュバック特典付の商品を販売する」という形がとられているところにあります。
ネット上にオンラインショッピングができる販売ページを作り、そこで購入した商品に対する特典として、提示した還元率に応じた現金キャッシュバック、つまり現金が振り込まれるというわけです。


ショッピング枠現金化を行うとき、注意すべきポイントの一つに還元率の違いがあります。
還元率とは、商品の購入金額から手数料を差し引き、利用者にキャッシュバックされるお金の利率です。
たとえば、10万円の商品を購入した時、還元率80%であれば、2万円の手数料が取られて8万円がキャッシュバックされます。
しかし、業者によって手数料の内約が異なり、最終的な還元率に差が出ます。
たとえば、クレジットカードで決済するときにカード会社に支払う手数料は大体5%となりますが、使用するカードによって1%や3%になることがあります。
たとえば、JCBなど国際ブランドのクレジットカードは手数料が低いですが、手数料の低い会社ほど現金化業者に対して厳しい態度を取っているため、信用の低い業者は契約できない場合があります。
そのため、新規参入したばかりの業者や個人業者、公式サイトを作っては閉鎖する悪徳業者などは手数料の低いカードを利用できない傾向があります。
次にカード手数料に対して、業者自身が受け取る手数料があります。
業者手数料は、業者の運営費や利益率などによって違いがあります。
実際に店舗を構えて運営している場合は、テナント代や光熱費がかかりますし、スタッフの人件費もかかります。
そのため、消費者への還元率を高めるためには、そのような必要経費を抑えつつ業者手数利用を確保する必要があります。
近年、店舗を持たないインターネット通販のみの業者が増えておりますが、そのことも徹底的なコストカットすることで業者手数料を引き下げるという狙いがあります。
そのような企業努力とは裏腹に、利益主義を追求して暴利を貪る業者もおり、中には初めから手数料が決まっておらず、顧客の状況や交渉によって変動していく業者もおります。
このように、一概にいくらと言えないのが業者手数料ですので、業者選びの際にはよく比較検討することが大切です。
また、業者によって消費税がかかる場合とかからない場合があります。
消費税がかかる場合も、業者によって表記の仕方に違いがあり、初めから還元率の中に含まれているケースと、還元率とは別に計算されるケースがあります。
後者の場合、公式サイトに表示されている還元率と、実際に入金された金額に違いが出るため、申込みの段階で必ずチェックしておく必要があります。
その他にも、商品を郵送するときにかかる送料や、銀行口座に入金するときにかかる振込手数料を取られることがあります。


その為、必ず必要なのはショッピング枠の十分残ったカードという事が出来ます。
もしこの時点で消費者金融で限度額めいいっぱい借入をしていたとしても、その事が障壁になるという事はあまりない為、安心できます。
カード現金化を試みる人は自分が何枚カードを持っているか、その限度額がどれ位かをリサーチして、手元に面倒が無いように揃えてから電話連絡か、ネット申し込みか、はたまた来店で申し込むのかを検討すると良いでしょう。


ショッピング枠現金化のもう一つのデメリットとして、必要以上に利用しすぎるという点が挙げられます。
キャッシングローンも原則同じなのですが、計画的な利用は必要不可欠だという点はもちろんのこと、ここではメリットとして挙げられる手軽さが仇となり、時に必要以上に借りてしまうという事も決して少なくはないのです。
これを防ぐためにも、借りすぎないことを念頭においておくだけでなく、ショッピング枠現金化専用のカードを持っておくなどの対応を行い利用を行った方が確実となってきます。


posted by いっせい at 04:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

クレジットカード現金化無職



試しに「クレジットカード現金化」というキーワードで検索してみると、「クレジットカードを持っていれば誰でも利用できる」「ホームページから24時間いつでも申し込める」など手軽さをうたった業者サイトが続々と現れ、利用体験者の「おすすめ業者」紹介サイトなどもあるほどだ。


自力で行うクレジットカードのショッピング枠現金化、ここでは高級ブランド品を使った換金テクニックをご紹介したいと思います。
ブランド品を使って自力で現金化をしたいと思っている方は、実行に移す前に是非ともお読みください。


営業目的の悪徳口コミサイトだと、ほんのちょっとでもマイナスイメージにつながるような書き込みはないはずです。
だからこそ苦言を呈している書き込みに注目するべきなのです。


そんなに高額な限度額は必要無いとお感じの方も多いとは思いますが、融資に於ける金利の設定というのは、限度額と連動します。


これだけを見るととても簡単にできるように見えますね。
実は驚いたことに、本当にこれだけで簡単に現金化ができてしまいます。
通常他社に借り入れがある場合、他の業者に借り入れを申し込んでも断られることが多いでしょう。
これは信用調査機関においてその人の借り入れ総額が分かっているので、それ以上の借り入れをすると返済能力がないのではないかと判断されているからです。
また貸金業法の総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れができないという規定もあるので、この規定が大きく関わっていることもあります。


お金が手元に入ってくるのは遅いですが、還元率は良くなります。


まずクレジットカード現金化の詐欺に騙されないためにはしっかりと申し込みをする前にメールや電話などで詳細を確認する事です。
振込日はいつになるのかお客様が希望する内容での還元率はどれくらいの数字になるのかなどを問い合わせる事が重要です。
また、その時のオペレーターの接客態度などをチェックしましょう。
基本的には優良店ではわからない所などはしっかりと丁寧に親切に教えてくれますが、騙すような行為を行っている業者や悪徳系企業は誤魔化していることが多いです。
最終的に口座への振込日はいつで、どれくらいの金額が手元に入るか、購入したオリジナル商品はいつ届くのかなどを複数質問してみましょう。
急いでいる場合でも、他社との比較を行わず平均の相場がわからないまま取引契約してしまうと、相手もそれを見抜いて善良な申込者の足元を見てきます。
詐欺のような行為を行う業者は騙せそうもない所からは時間の無駄ですのであっさり手を引きますので、そのような警戒心を持ち続けることが重要です。


カードの利用額が多いと、次の年は還元率が良くなるシステムや、バースデーポイントなどのボーナスポイントが付くこともあります。


最近でこそ現金化というと、クレジットカードのショッピング枠を活用して、現金を手にするための金融サービスであるという認識がほぼ定着しつつあります。
なぜこんなサービスが登場したのかというと、クレジットカードのショッピング枠を何とかキャッシング枠のように利用できないかというニーズがとても高いからです。
ローン会社のローンカードやクレジットカードのキャッシング枠がすでに満額までいってしまっている人の場合、残っているクレジットカードのショッピング枠を何とかして現金にできないかと考えるのは当然のことかも知れません。


特に安全にクレジットカードの現金化を行う中で、よりメリットの大きなサービスを比較する場合は、インターネット上の中で提供されている比較サービスや、ランキングサイトなどを利用することは、有効なインターネットの活用方法と言えるでしょう。
クレジットカードの現金化を、より有利な条件で利用したいと考えている方は、是非インターネットなどの情報サービスを有効に活用されることをお勧めします。


posted by いっせい at 21:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。