2014年05月06日

カードでお金のランキング2013



クレジットカード現金化を一回行うと、結局はしっかりとカード会社に返済していく事だけを考えれば、特に危険のない利用法だという事が分かります。
クレジットカードの使用自体は様々な信用調査の元データとなっている為、もし借り入れた分返済が滞ると履歴に残ります。
しかし、クレジットカード現金化という手法でお金を手にしたという事自体は、信用調査を行う会社もクレジット会社も言及が出来ない部分の為、それ程恐れる事はありません。
借金をしているという意識、それを返済するのはカード会社なのだ…位に捉えておけば、それで大丈夫です。


クレジットの審査に通ってカードを手にした人は、クレジットカード現金化の為の条件を既に手に入れています。
この先特に現金化に対する審査はなく、上限が300万円程度のショッピング枠を現金に換えてスムーズに借入する事が出来ます。
このスムーズさが、信用情報を基にした審査が必ず必要なローンや消費者金融での借入と大きく異なる部分です。
消費者金融を利用しようと考えた人は経験をお持ちだと思いますが、カードの審査には機械審査と本審査というプロセスがあります。
よく無人で借り入れをする事が出来ると謳っているのは機械審査の事をいい、インターネットの申し込みにしても審査機の申し込みにしても、最終的には消費者金融で個人の信用情報を精査して借りられる額を調べているという事になります。
また、借入の額によっては所属している会社に、在籍確認の電話が入ります。
これに加えて前年の収入証明などが必要な場合があります。
これは消費者金融を含む貸金業者が、基本的には貸付けに増して回収に重きを置いているから仕方のない事です。
貸した以上は高い利子をプラスして返して欲しいというのが貸金業者の本音であり、これは幾らCMなどの表層的な部分が華やかになっても変わりません。


現在クレジットカード現金化の主流は、オンライン決済によるキャッシュバックという方式です。
クレジットカードを使って、オンラインショッピングをするのは珍しくありませんが、それと同じ方法でオンライン決済をして、その決済金額に見合った金額が業者から振り込まれるという形になっているので、これだと日本全国どこにいても全く関係がありません。
全国対応を宣伝しているクレジットカード現金化の業者は、ほぼ全てがこの方法によって全国対応を実現しています。


例えば5万円の現金化で還元率が80%では現金化業者の手数料(利益)は1万円で、現実の現金は4万円ですが、これが倍の10万円の現金化であれば、還元率がたとえ85%でも、現金化業者には1万5,000円の収入があり、現金も8万5,000円になります。
このようにショッピング枠現金化の仕組みは、その現金化での買い物の価格が高ければ高いほど、現金化をする側も現金化業者も有利になるのが現金化の仕組みです。


それに引き替え、カード現金化ではスピード現金入手をしっかりと実感する事が出来ます。
最短で5分という時間を謳っている業者のカード現金化を実際に利用してみると解る事ですが、驚くほどスムーズにお金を手に入れる事が出来ます。
これは10年に渡る長い歴史の中で、現金化業者が蓄積してきたノウハウの確かさにより、ショッピング枠で購入する商品が確実に転売可能か、業者の買い取りにメリットがあるものという点が大きく影響しています。
これまで、10年ほどの歴史がありその中で様々な変遷を遂げてきたのがカード現金化という方式です。
その中で、最初は店舗にて行われていた作業もネットで確認が簡単になり、今では5分あれば確実にお金を手にする事が出来るという事なのです。


この世の中で生活をしていれば、常にお金が必要になるのです。
また必要になるお金の性質も多種多様で、生きていくために必要なお金・趣味に使うお金・誰かを助けるためのお金・健康を維持するためのお金など、多岐にわたります。
その上でこの世の中には金融機関なるシステムができて、それで社会生活が成り立っていると言っても過言ではないでしょう。
とにかく先立つものという代名詞があるお金は生きていくためには不可欠で、人は霞を食べて生きていくことはできません。


しかしインターネットの普及により、キャッシュバック方式という新しい仕組みが考案されました。
キャッシュバック方式という名前の由来は、「キャッシュバック特典付の商品を販売する」という形がとられているところにあります。
ネット上にオンラインショッピングができる販売ページを作り、そこで購入した商品に対する特典として、提示した還元率に応じた現金キャッシュバック、つまり現金が振り込まれるというわけです。


ショッピング枠現金化を行うとき、注意すべきポイントの一つに還元率の違いがあります。
還元率とは、商品の購入金額から手数料を差し引き、利用者にキャッシュバックされるお金の利率です。
たとえば、10万円の商品を購入した時、還元率80%であれば、2万円の手数料が取られて8万円がキャッシュバックされます。
しかし、業者によって手数料の内約が異なり、最終的な還元率に差が出ます。
たとえば、クレジットカードで決済するときにカード会社に支払う手数料は大体5%となりますが、使用するカードによって1%や3%になることがあります。
たとえば、JCBなど国際ブランドのクレジットカードは手数料が低いですが、手数料の低い会社ほど現金化業者に対して厳しい態度を取っているため、信用の低い業者は契約できない場合があります。
そのため、新規参入したばかりの業者や個人業者、公式サイトを作っては閉鎖する悪徳業者などは手数料の低いカードを利用できない傾向があります。
次にカード手数料に対して、業者自身が受け取る手数料があります。
業者手数料は、業者の運営費や利益率などによって違いがあります。
実際に店舗を構えて運営している場合は、テナント代や光熱費がかかりますし、スタッフの人件費もかかります。
そのため、消費者への還元率を高めるためには、そのような必要経費を抑えつつ業者手数利用を確保する必要があります。
近年、店舗を持たないインターネット通販のみの業者が増えておりますが、そのことも徹底的なコストカットすることで業者手数料を引き下げるという狙いがあります。
そのような企業努力とは裏腹に、利益主義を追求して暴利を貪る業者もおり、中には初めから手数料が決まっておらず、顧客の状況や交渉によって変動していく業者もおります。
このように、一概にいくらと言えないのが業者手数料ですので、業者選びの際にはよく比較検討することが大切です。
また、業者によって消費税がかかる場合とかからない場合があります。
消費税がかかる場合も、業者によって表記の仕方に違いがあり、初めから還元率の中に含まれているケースと、還元率とは別に計算されるケースがあります。
後者の場合、公式サイトに表示されている還元率と、実際に入金された金額に違いが出るため、申込みの段階で必ずチェックしておく必要があります。
その他にも、商品を郵送するときにかかる送料や、銀行口座に入金するときにかかる振込手数料を取られることがあります。


その為、必ず必要なのはショッピング枠の十分残ったカードという事が出来ます。
もしこの時点で消費者金融で限度額めいいっぱい借入をしていたとしても、その事が障壁になるという事はあまりない為、安心できます。
カード現金化を試みる人は自分が何枚カードを持っているか、その限度額がどれ位かをリサーチして、手元に面倒が無いように揃えてから電話連絡か、ネット申し込みか、はたまた来店で申し込むのかを検討すると良いでしょう。


ショッピング枠現金化のもう一つのデメリットとして、必要以上に利用しすぎるという点が挙げられます。
キャッシングローンも原則同じなのですが、計画的な利用は必要不可欠だという点はもちろんのこと、ここではメリットとして挙げられる手軽さが仇となり、時に必要以上に借りてしまうという事も決して少なくはないのです。
これを防ぐためにも、借りすぎないことを念頭においておくだけでなく、ショッピング枠現金化専用のカードを持っておくなどの対応を行い利用を行った方が確実となってきます。


posted by いっせい at 04:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。