2014年05月06日

現金化商法比較サイト



クレジットカード現金化の方法自体は古くからあり、10年ほど前には転売を行う現金化業者が、クレジットの情報を使って商品購入してその後商品を持ち逃げし、カードホルダーには返済義務のみが残るというタイプの詐欺がありました。
しかし、現金化という手法がインターネットでこれだけ盛んになった今、そのような方法は淘汰されるほかなく、今後現金化業者を利用する人はかつてそれを利用していた人より有利な条件で使う事が出来ます。
痛い目に遭う確率が下がっているという意味では、昔から現金化業者を使っていた人より心理的な余裕が確保しやすく、その結果取引自体もスムーズに出来る可能性が高いです。
また、長く現金化を行ってきた業者の方もベテランの取引を行う金融サービス会社である事には変わりありません。
どのような金融商品にもいえる事ですが、一定以上顧客が増えればサービスの質を向上させる必要があり、そのことによって新規顧客が確保できれば企業にとっても使い手にとっても大きな利点が生まれます。
クレジット会社はお金が動いてその額から利息が取れれば法的にはそれ以上関与する事も難しい為、今後クレジットカード現金化という方法自体は、利用者の声を反映してよりクリアな取引方法となる可能性も秘めています。
現況しておくべきなのは、還元率のいい業者を確認する事、その還元率がどのような現金化の仕組みによって成り立っているかある程度は調べる事、そしてカード業者への返済方法を自分なりに把握して、返済だけは滞りないようスムーズに行う事、以上です。
これを押さえてストレスのない取引を行い、現金化のベテランを目指しましょう。
どんな金策にもいえる事ですが、最終的に返す先と自分の関係性が理解できていれば、その事により様々な事がクリアになります。
現金化は特にそのことが顕著です。


この還元率については、スピードを重視するとどうしても低くなってしまいます。
それだけ業者も現金の調達にコストを掛けているので仕方ありません。
一方で還元率を高くすることを重視するのであれば、振込みまでに時間が掛かります。
これについても、高い還元率(低コスト)を実現するためには時間を掛けなければならないからです。


ただし実際の現金化の方法は上記の基本どおりではありません。
まずその品物を購入するだけのお金が、クレジットカードのショッピング枠にあることが必要で、そのための確認作業があります。
またそのクレジットカードが本人のものであるかどうかも確認が必要です。
しかしこれらの確認作業は消費者金融の審査とは異なり、あくまでも審査はありません。
次に実際に買う品物をこちらから指定することもできません。
現金化業者が指定する商品を購入しなければなりませんから、この点は勘違いをしないようにしましょう。


クレジットカードのショッピング枠現金化では本来は購入した品物が届いてから現金が振り込まれるという手順ですが、これでは急ぎの場合に間に合わないと言う現実があり、現金化のスピードが速くなっており、特に最近主流になったオンライン決済キャッシュバック方式では、即日それも最短で5分・10分という速さになっています。


クレジットカード現金化の仕組みはよく知られてきました。
しかし、いまだにカードの転売を現金化と考えている方もおり、インターネットを使わない年配の方にありがちな誤認識です。
まず悪徳業者と正常な現金化業者を見分けるひとつの方法として、カードそのものの転売を持ちかける業者とは絶対に関わってはいけないという点があります。
なぜなら、一度でもカードホルダーの手元を離れると、クレジットカードは悪用される可能性がとても高く、様々な詐欺行為に使われるリスクを秘めていますが、クレジットカード現金化にかこつけて転売する業者に対し自分のカードを了解済みで渡してしまうと、ホルダーの承認がある為責任の所在を追及して保険を適用する事が難しくなるのです。
転売とカード預りを謳う業者は確実に後ろ暗い業者の為、そのような謳い文句にはしっかりと気を付ける事にした方が良いでしょう。
クレジットカード現金化は、実際カードのショッピング枠を利用して買い物をし、その商品を現金化業者に転売して貰うというプロセスとなります。
カードを他人に渡す必要は全くなく、入力も現在では自分で出来るようになっている場合が殆どです。
以前はカードのフォーム入力を業者に代行させる為に業者に伝えなければいけないケースが多かったのですが、最近はその点優良業者程カードをホルダー自身が確認した方が良いという点を認識している為、自分で手続を出来る場合が多いです。
そして、クレジットカード業者と現金化業者は全く関係が無い為、その点を理解した上で現金化を行いましょう。
とはいえ、商品購入の明細はカード利用の明細に対して通常の通信販売業者利用の際と同じように表示される為、それ程深くカード会社の事を考える必要はありません。
連携したサービスでない事、クレジット会社としてはショッピング枠の通常利用を商品購入として約款を作成している事が多いという点を念頭に置き、くれぐれも信頼のおける業者を継続利用する事にしましょう。
それがクレジットカード現金化の利便性を最大に生かし、なおかつ自分の身を守る現金化の正しい利用法です。
その点を認識しておけばまず、それ程深い追及をカード会社からされるという事も無い為、現金化は継続的に利用する方の財政の助けになってくれる事と思います。
便利であるからこそ、仕組みをよく見極めて現金化業者同士の相互連関やカード会社の動向も探っていくと、現金化の利用がよりスムーズになります。


話が広がりましたが先に述べたように現金化では品物を購入するのが建前ですが、品物を買えば必ず出費があります。
出費のお金が自前であれば何と言うことはありませんが、現金化での買い物の出費は自前ではないことを考えましょう。
ショッピング枠現金化での出費は一時的にお金を都合したものですから、そのお金はいずれば返済しなければなりません。
すなわちクレジットカードのショッピング枠現金化の後には、返済と言う義務が残っていることを忘れないようにしなければなりません。


このキャッシュバック方式だと、介在する商品を送り返したりする必要がないので、時間的なロスが大幅に少なくなります。
そして商品をやり取りする必要がないので、送料のロスや商品を換金するためのロスもなくなるので、結果として利用者に還元できる金額が大きくなります。


ショッピング枠現金化を行うためには、クレジットカードが必要です。
現金化業者の中には、クレジットカードを持っていない人のために取得方法を一から教えてくれるところもありますが、カードを新しく作るためには、審査などもあるので大体1ヶ月程度かかります。
そのため、すぐにお金が必要という場合には、家族名義のクレジットカードを使用する方もいるかもしれません。
しかし、ショッピング枠現金化で利用できるクレジットカードは、原則的に自分名義のカードのみであり、振込口座とカードの名義が同一である必要があります。
他人のクレジットカードを利用して自分の振込口座に入金できるようになってしまうと、犯罪目的に利用される可能性があるためです。
そのため、初回申込み時には身分証明書の提示と電話による本人確認が行われます。
ただし、サービス業者によっては、家族の了承がある場合に限り、家族名義のクレジットカードも使用可能というケースがあります。
注意したいのが、家族名義のクレジットカードを使用する場合、カード会社からの返済請求も家族に行くということです。
そのため、自分口座ではなく家族名義の口座にきちんと入金しておかないと引き落とされず、家族のクレジットカードが利用停止になる恐れがあります。
請求書も家族宛てに届くので、家族に内緒でキャッシングすることはできません。
法人名義のクレジットカードを使用する時も同様です。
ショッピング枠現金化は、個人向けのサービスであると思われている方もいるかもしれませんが、基本的にクレジットカードの種類や、資金の使用目的が問われないため、個人だけでなく法人でも利用可能なサービスです。
むしろ、生活費の補填などのために利用する個人よりも、事業資金繰りや商品買い付けのために先に利用している法人の方が、ショッピング枠現金化の利用率が高いです。
消費者金融などでは事業資金目的の融資が禁止されているため、どうしても一度に借入できる金額に限度があります。
それに対して、ショッピング枠現金化ではショッピング枠の限度額までキャッシング可能です。
法人名義のクレジットカードは、個人名義のカードよりもショッピング枠が大きく設定されているため、事業資金繰りにも役に立ちます。
サービス業者の中には、法人名義のクレジットカードを専門的に扱っている業者もあり、個人向けのサイトよりもセキュリティが行き届いていたり、迅速な入金が可能であったりと、良質なサービスが魅力的です。


クレジットカードも含めて銀行での融資や貸金業者での借り入れには、与信調査が必須だと知っている方は多いと思います。
カード会社等が共同で参照できるデータベースがあり、借入を遅滞していないか、家賃の払い込みなどが遅れていないか、その他金融行為における信用を低下させる行動をとっていないかを事細かに調べるのが与信調査です。
これをもとに銀行などは貸付けが可能かどうかを審査して融資という形になります。
なかなか厳しいプロセスが一般的な貸し付けにはあるという事が理解できると思います。


カード現金化業者のポータルサイトを見比べるとき、わかりやすいレイアウトで自分の業種の特徴を誠実に書いている業者は、まず間違いなく優良現金化業者です。
そういった業者は利用者の声をコンスタントに掲載していたり、店長によるブログの掲載があったりして読み応えがあります。
刹那的な詐欺の業者ではまずそういう事は出来ません。
現在はインターネットで評判がすぐに伝播する時代の為、優良なカード現金化業者ほどネットのポータルを自分の会社の顔として大切にしているようです。
女性専門の業者などは品のあるサイトを展開している事も多く、見た目にも安心できるので女性の利用者から継続的に信頼されています。
反面更新も少なく、いかにも泥臭い借りてきたレイアウトのみの業者は、永続的に顧客から信頼を得るという事はまず考えていません。
このような見極め方法はほかのネットショップを見るときと、カード現金化業者を見極める時でほぼ変わりがないと言えるでしょう。
女性なら女性専用を打ち出しているサイト、男性なら出来るだけ見やすく融資という事について安心できそうな情報がたくさん掲載されているサイトを選び、出来るだけコンスタントにその現金化業者を利用すると、メリットも多く安心して現金化について多くの情報を確認する事が出来ます。
特に、店長ブログの掲載のある現金化業者はお勧めできます。
具体的な営業責任者の名前があるサイトではその人を信用して現金化を受けるというスタンスがはっきりとし、現金化する側と業者の側で信頼関係が成立しやすいです。
今後もし現金化が今以上にポピュラーな現金調達方法になれば、このような信頼関係もより深まる可能性があります。


posted by いっせい at 18:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。