2014年06月20日

カード現金化うわさ



キャッシングとは違いますが、ショッピング利用額は残ります。
計画的な利用をお考えください。
当サイトのような優良サイトを紹介するサイトを活用し、ご自身に合ったお店選びをしてください。
クレジットカードのショッピング利用枠を確認して、使える枠があるかどうかをご確認したうえでご利用ください。


そして初めてこのクレジットカードのショッピング枠現金化を利用しようとする場合、どこの現金化業者にすれば良いのかが分かりません。
そこでオススメなのが、インターネットの現金化口コミのサイトの利用です。


今すぐにお金が欲しいがあいにくそのお金が無い、また消費者金融から借りようとしても審査があるので時間がかかる。
このような場合に便利なのが現金化ですが、そもそも現金化は消費者金融からの借入ではありませんから、お金を借りるわけではありません。
したがって現金化を利用する上で審査という作業は無く、あるのはクレジットカードのショッピング枠と本人確認だけです。


そうなると今度はデメリットのほうが気になるところですが、一般に言われているのが、即お金を振り込むために、還元率が低くなることです。
またそれ以外のデメリットと言われているのは、必ずというのではありませんが、この場合クレジットカード会社に現金化だと判断されて、クレジットカードの利用停止・カード返却要請・一括返済を求められる可能性がある点です。


その点、商品を転売したり自社買い取りをしてくれるカード現金化業者は、どのような商品が元金割れを起こさず転売できるかのノウハウを沢山持っている為、高い還元率でショッピング枠の買い物を代行してくれます。
この枠で購入した商品を転売しキャッシュバックした金額が、そのままお財布に入るという訳です。


話が広がりましたが先に述べたように現金化では品物を購入するのが建前ですが、品物を買えば必ず出費があります。
出費のお金が自前であれば何と言うことはありませんが、現金化での買い物の出費は自前ではないことを考えましょう。
ショッピング枠現金化での出費は一時的にお金を都合したものですから、そのお金はいずれば返済しなければなりません。
すなわちクレジットカードのショッピング枠現金化の後には、返済と言う義務が残っていることを忘れないようにしなければなりません。


クレジットカードも借り入れをする時には当然借金をしているという意識が必要です。
しかし、その点だけストイックに認識し、返済計画を守れていれば事足りる現金化は、多くの人をうらぶれた気持ちにせずお金の便宜を図っています。


このような現金化業者のキャンペーンはいずれも集客を目的としたインセンティブですが、現金化のキャンペーンを検索してみるともう一方の消費者庁が行なっているストップ!!クレジットカード現金化キャンペーンのページがヒットします。
これはクレジットカードのショッピング枠の現金化は止めましょうというキャンペーンです。


しかしここで注意しなければならないのが現金化での失敗です。
失敗の種類もさまざまですが、一番の失敗は現金化のし過ぎではないでしょうか。
失敗と言うと何だか変ですが、つまり必要以上の金額を現金化することです。


また、現金化はクレジットカード自体の転売では無い為、この辺りをおかしな謳い文句にする業者も疑ってかかると、なお安心できます。
言うまでもなくクレジットカードの転売は違反であり、そのような方法でカードを他人に預けてしまうとまず確実に悪用されます。
最初の段階で固有情報の持ち出しと、カード自体の預りを執拗に要求するような業者は、悪徳業者の可能性があります。
現在では存在しにくくなっているとはいえ、その点は自衛していけば確実です。


posted by いっせい at 18:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。